ヘアスタイルをヘアカラー剤でそめる時

ヘアスタイルを市販のヘアカラー剤で染める時の注意点

ヘアスタイルヘアカラー剤で染める時

以下にメールアドレスを記入して、送信ボタンを押してください。

メルマガ登録・解除
 


ヘアスタイルの悩む決定版・ヘアスタイル成功法
メルマガバックナンバー NO、7


ヘアスタイルの市販のヘアカラーリング剤の落とし穴★


ヘアスタイルカラーを自分で家でやっている方や
美容室でヘアカラーの色を頻繁に変えてる方は
大体の方が、ヘアスタイルの髪が傷んで
しまうのが悩みです。

どうして髪が傷んでしまうのか?
これは簡単に言いますと何度もヘアスタイル
ヘアカラーしてしまうからです・・
『え〜そんなのあたりまえじゃん!それに仕方ないじゃない!』
って声が聞こえてきそうですが・・

そもそもヘアカラーの薬剤というのは2つの薬からできてます。
最近は違うのもありますが・・・
市販で売っているヘアカラー剤を買ったことがある方は
分かると思いますが、
チューブの薬と、白い液体の薬を
混ぜて使ったはずです!

まずこのチューブの薬が
【酸化染料とアルカリ剤】から出来てます。

そして、この白い液体が
【過酸化水素水】いわゆるオキシドールです。


【酸化染料とアルカリ剤】は絵の具のような物で
色の基となるモノです。

【過酸化水素水】は髪の毛を脱色して明るくする
ブリーチ剤みたいなモノです。

この2つが混ざって協力し合って初めてヘアスタイル
ヘアカラーは色々な色ができるのです!


白い液体が髪を明るくして、キャンパスを作って
そこえ、チューブの絵の具が色をつける作業をすると
言いましょうか!

そこで問題なのがこの【過酸化水素水】なんです。
ヘアスタイルの髪を脱色して明るくする薬なので、
髪にとってはダメージを与える薬剤でしかありません!
最近では「痛まない」な〜んて言ってる
カラー剤のCMも見かけますが・・・
ヘアスタイルヘアカラーする事自体で傷まないなんて事
ありえません。
ですから、正確には「傷みが少ない」って事です。

ヘアスタイルの髪が伸びて根元が暗くなってきたので、
しかたなく家で自分でヘアカラーをすると、クシなどで梳かして
薬液を髪に伸ばしながら付けていると思います。

そうすると、根元だけ染まればいいのに・・・梳かしながら
ヘアスタイル全体にヘアカラー剤を付けている事になって
しまいますよね。

・・・これを繰り返しているとどうなるか?

根元の伸びた髪を染めるためのヘアカラーでも・・・
毛先の髪は毎回ヘアカラーする度に薬剤の
【過酸化水素水】によって脱色され一緒に
染められているから、何十回もの脱色になります。

そして・・美容室で毎回頻繁にヘアスタイル全体の
髪の色を変える方も同じように、
毛先は脱色の繰り返しでボロボロになっていきます。

ちなみに、例え真っ黒に染めても【過酸化水素水】を
使っている限り脱色はされています。
色が黒いというだけですから。

じゃ〜どうすればいいの?

できる限り伸びた髪だけ染める事です!

最低限は、2〜3回に1回、ヘアカラーをする時は
根元だけ染めるようにしましょう!
伸びた髪の毛だけ・・・これがポイントです。

これは自分だけではできません・・
だからやっぱり美容室で美容師にやってもらいましょう!
そして2〜3回に1回は、
「今日は伸びてきた根元だけ染めて」といいましょう。
全体も根元も料金が一緒だったとしても、
もったいないから〜・・・
なんて思わないでくださいね!

市販のヘアカラー剤は今はとても素敵な色が
多くなってきました。
しかし、どんなに綺麗な色でも染め方がダメでは髪を
傷めるだけなのです。
市販のヘアカラー剤の最大の落とし穴はこれです!
みなさん・・CMにだまされないようにしましょうね。


★メルマガバックナンバー
ヘアスタイルの悩み決定版・ヘアスタイル成功法
のトップページへ戻る



★ブログのご案内
ヘアスタイルの悩み決定版・ヘアスタイル成功法

このページのTOPへ