ヘアスタイルの髪の量を減らす

ヘアスタイル

ヘアスタイル悩み

以下にメールアドレスを記入して、送信ボタンを押してください。

メルマガ登録・解除
 


ヘアスタイルの悩む決定版・ヘアスタイル成功法
メルマガバックナンバー NO、36


ヘアスタイルの注文で美容室で1番多い
「髪の量を軽くする」についてです。

いわゆる「髪をすいてください」ってやつですね。


髪の量を減らすというと、ヘアスタイルに段をつける、
レイヤーを入れると思いがちなお客様も多いのでは
ないでしょうか?


まずヘアスタイル用語のおさらいです。


ヘアスタイルに段をいれるというのは、
レイヤーとグラデーションと2つの方法に大きく分けられます。


レイヤーとは、髪の上側が短く下が長い状態です。
ロングヘアーやセミロングなどの多く使われるカット方法です。

そしてグラデーションとは、レイヤーの逆で
髪の上側が長く、下が短く状態で
主にショートヘアーやボブに使われるカット方法です。


つまりこれらは、髪を軽くするというよりも
カットの仕方なのです。

軽くするや、髪をすくのとは違います。


では、量を減らすとはどういうカット方法かといいますと、
例えば、髪が100本ある状態をギザギザや
バラバラの長さにカットして同じ長さではない状態を
作りだして髪が少なくなったような手触りを
作り出すことを言います。


ちなみに・・・
セニングバサミなどは、カットするだけで
髪をバラバラにカットしてくれるハサミのことです。


よくヘアスタイルのカタログに載っている説明である
シャギーとは、髪の量を減らしバラバラやギザギザに
カットして、髪の毛束が毛先に行くほど
髪の量が少なくなり細くなっていく状態を言います。


つまり何が言いたいかと言いますと・・・・
髪の量を減らすのは、レイヤーや段を付けなくても
出来るということです。



最近まで流行っていた、肩上くらいの
ボブヘアーなどは、レイヤーや段を入れないで
ヘアスタイルをオカッパのようにワンレングス状態で
まずカットして、ヘアスタイルの髪の内側を
すいて量を減らしてカットしています。



クセ毛や、髪が堅い人などは
髪に段やレイヤーをいれるとヘアスタイルの表面の髪が
短くなり髪が立ち上がりやすくなります。
そのために髪が広がりやすくなってしまう
場合もあります。



そういう広がりやすい髪質の方は
「髪の内側の量を減らしてください」と
美容室で注文するほうがお勧めです。

髪の内側を減らすというのは、
ヘアスタイルの髪の表面は減らさず
内側の量を減らすことにより、
表面の髪は重い状態にあえてします。



そうすることにより髪が広がるのを
表面の髪が抑えてくれるヘアスタイル
作ることが出来るのです。



また髪の表面が重いことにより
自然と髪が内巻きになりやすい状態も
作り出すことも出来るのです。



髪の量を減らすと言っても・・・・・
これだけの違いやヘアスタイル用語があるので
あなた自身でよく理解してから
美容室でヘアスタイルを注文してくださいね。


そうすればヘアスタイルの失敗を
未然に防ぐことにもなりますので。



★メルマガバックナンバー
ヘアスタイルの悩み決定版・ヘアスタイル成功法
のトップページへ戻る



★ブログのご案内

ヘアスタイルの悩み決定版・ヘアスタイル成功法
アメーバーブログ

ヘアスタイルの悩み決定版・ヘアスタイル成功法
ジュゲムブログ

このページのTOPへ